FC町田ゼルビア みんなのJリーグ 東京ヴェルディ

動画&フォトギャラリー:『FC町田ゼルビア・東京ヴェルディ開幕戦 公式合同記者会見』を行いました FC町田ゼルビアから大友健寿代表取締役社長、相馬直樹監督、井上裕大選手、東京ヴェルディからはギャリー ジョン ホワイト監督、田村直也選手が出席しました!

投稿日:2019年2月23日




『東京クラシック』での開幕を目前に控えているFC町田ゼルビアは22日(金)、町田市立陸上競技場にて『FC町田ゼルビア・東京ヴェルディ開幕戦 公式合同記者会見』を開催しました。

FC町田ゼルビアから大友健寿代表取締役社長、相馬直樹監督、井上裕大選手、東京ヴェルディからはギャリー ジョン ホワイト監督、田村直也選手が出席して24日(日)に迎える開幕戦・明治安田生命J2リーグ『AbemaTVマッチデー』vs東京ヴェルディへ向けた意気込み等を語りました。

開幕戦を前に多くの報道陣にお集まりいただいた中で、初めに株式会社ゼルビアの大友代表取締役が「東京ヴェルディさんが50周年、町田もチーム創設から30周年と節目のシーズンに開幕戦で『東京クラシック』を開催できることを大変、光栄に思っております。選手たちがエキサイティングなプレーをできるように、スタジアムの雰囲気作りに努めていきたいと思っておりますので、よろしくお願い致します」と挨拶しました。

次にFC町田ゼルビア・相馬監督が「昨年6位以内という目標を掲げて、今年は昇格という目標を掲げております、そこに向けて『新しい覚悟をする』そういったゲームに成るように精一杯戦いたいと思います。その相手も東京ヴェルディさんと昨年の最終戦というのもそうですし、クラブの歴史という面でも、我々にとって力を存分に発揮させてくれるような相手となると思います。今年にかけるものをお見せできるようにこれから良い準備をして、臨めたらと思います。ぜひ、スタジアムに足を運んでくだされば嬉しいなと思います」

東京ヴェルディ・ホワイト監督は「クラブとして、とても大変な試合になることは分かっています。『東京クラシック』ということで第1節に対戦することができ、嬉しく思います。皆さんにも足を運んでいただいて僕たちのバトルを観て欲しいと思っています」と順番に意気込みを語りました。

そして、東京ヴェルディ・田村選手が「今年の開幕戦は町田さんということで、昨年の最終節で戦って今年はこういった形で試合ができることを嬉しく思います。お互いの本拠地も近く東京ということで注目していただけるかなと思っています」

FC町田ゼルビア井上選手が「東京ヴェルディさんとは去年の最終節で悔しい思いをした面もありますし、開幕戦でまた当たるというのは、なにかの縁を感じます。『東京クラシック』というダービーで盛り上がると思いますし、去年の悔しさを晴らすと同時に、今年の目標である『J1昇格』を達成できるよう、開幕戦で勝てるように頑張っていきたいと思います」と意気込みを語り、伝統の一戦である『東京クラシック』に向けて準備万端であることをアピールしました。

その後はメディアの質疑応答に応え、記念撮影を行いました。上記掲載以上に、多数のコメントをしております。詳細は、動画にて公開しております。皆様ぜひ御覧ください!

 







  • この記事を書いた人
Jリーグニュースまとめ

Jリーグニュースまとめ

サガンティスタがお届けするおすすめのJリーグ情報です。

-FC町田ゼルビア, みんなのJリーグ, 東京ヴェルディ

Copyright© サガンティスタ , 2019 All Rights Reserved.