編集長のレビュー

編集長が分析!サガン鳥栖vs名古屋グランパス戦レビュー|J1リーグ第18節2021年4月18日

2021年4月23日

名古屋グランパスは開幕から未だ負けなし。目下9試合連続無失点を継続中で2位につける。

0.1 VS 0.3

これは名古屋グランパスとサガン鳥栖の平均失点数。
まさに最強の盾対決。

編集長の予想は前節、ガンバ大阪戦を加味して0-0のスコアレスドローだった。

スターティングイレブン

サガン鳥栖は前節から4枚を入れ替え。
小屋松、樋口、のりよし、大畑がスタメン。
山下、仙頭、W中野が外れた。
フォーメーションは4-4-2。

対する名古屋グランパスは4-2-3-1。
ワントップには山崎。
マテウス、復帰した阿部、前田が並ぶ。
稲垣、宮原がスタメンに。
森下はベンチスタート。

さあ どうなるか見てみよう!

時系列レビュー

キックオフ!〜進撃のサガン 奇襲編

最初にいい形を作ったのはグランパス。
左サイドで丸山ロング→マテウス→阿部→長澤に戻し裏のスペースに流れた山崎を走らせる。

1分 前田が右サイドからドリブルで中央に切り込み阿部とワンツーの形。
サイドからの速い崩しがグランパスの狙いか。

4分 吉田のクリアボールを飯野がヘディングするとボールは右に流れたのりよしに。

のりよし「(監督の指示通り)ボールが来たら、足を振る!」

超ロングシュートは大きく枠を外れたが、なんかいつもと違う気迫は感じた。

すると、5分。思わぬ形でいきなりゴールが生まれた。

スローインから小屋松→大畑→裏抜けしたのりよし。のりよしは気合いのスライディングで折り返すと林が上手いヘディング!
先制ゴールはサガン鳥栖!
大きな意味をもつ先制点だった。

このシーン何故林はああいうポジションニングができたのか?

編集長的には

林「コーナー辺りでスローイン貰おうとしたのに来なかった...。
オフサイドポジションじゃんか...。中に入りつつラインに戻ろう...。
のりよし!いいボールキタ!絶対決める!」

といった所のように思う。
特に、サガン鳥栖や林を卑下している訳ではないので誤解しないで欲しい。
ワンチャンスを決めた林は素晴らしかった。

本当に狙った形なら凄いし、異論は認める。
皆さんはどう思うだろうか?

サガン鳥栖の保持時配置

名古屋グランパスは4-4-2のセットで高い位置からプレス。
プレス時も撤退時もボールホルダーには厳しく寄せてくる。

最近のサガン鳥栖は相手が前から来る時は無理に繋ごうとはせず、ロングボールを蹴る形が多い。
この試合もそうだった。
ロングボール大作戦も数試合をこなし練度が上がってきているようだ。
今節のターゲットはのりよし。時々、林。
特にのりよしは抜群の強さを見せた

サガン鳥栖の非保持時配置

2TOPは最終ラインにはあまり強く当たらず、中を切ってボールをサイドに誘導する。
これは今までもよくあった形。
2列目の4枚を横並びにしてビルドアップの出口を封鎖したのが今回の新しい形だった。
対戦相手に応じて微妙に修正を加える金監督。

ウイングハーフとボランチでボールの流れを止めつつプレスに行くのがスイッチになりそこから勢いをつけボールを狩りに行く。
3列目も積極的に前に出ていた。

必然、繋ぐ名古屋のボールはサイドによる形になった。

10分 高い位置にいる吉田のケアがふうちのタスクだったのかもしれないがこういう形のブロックに。

高い位置をキープする吉田の対応でふうちがいったん下がっただけかとも思ったが、この形がこの試合は頻繁に見られた。
サイドに突破力のあるタレントをもつ名古屋対策の撤退時、4-2-2+小屋松、ふうち誕生の瞬間であった。

11分 左サイドに流れた林がボールキープからのファールげと。収めるのはのりよしだけじゃないという所をみせた。

12分 鳥栖のフリーキックのこぼれ球の競り合い吉田は松岡をフィジカルで剥がしグランパスカウンター発動!
裏に走るマテウスに絶妙なスルーパス。
キーパーと1対1のシーンを作られかけるがここに戻ったのは大畑神!(神選出 初)
ピンチをしのいだ。

15分 鳥栖のサイド誘導に手を焼くグランパスは長澤が最終ラインに降りてきて3枚でビルドアップを開始。
3-3-4のような形。
19分 グランパスは宮原→前田→稲垣→阿部→前田→長澤と繋ぎいい形で右サイドを突破するがシュートには至らず。
鳥栖が固い守備で主導権を握っていた。

シュート 鳥栖2 名古屋1
決定機 鳥栖1 名古屋0
鳥栖メーター 60%
ウィントスメーター

29分〜進撃のサガン 中盤の攻防、新たなる巨人誕生編

飲水タイム。

30分 左サイドに流れてきた阿部との連携で突破を試みるマテウス。
だがここは飯野が止める。イエローカード。
ロングボール大作戦継続中のサガン鳥栖。
新たなる巨人として機能していたのはのりよし
ボールを納め起点になっていた。

パギのゴールキックを収めようとしたのりよしにマテウスがファールして両監督がヒートアップした34分のシーン。

セカンドボール回収の準備ができているのが良く分かるシーンだ。

続く中盤の攻防。
36分にはエドゥが飛び出しボールをカット。小屋松に繋ぎ小屋松はファールげと。
からのシーンはこちら。

39分 カットした松岡から林のミドル。
41分 相手に取られたボールをすぐに飯野が奪い樋口→小屋松→樋口。樋口はミドルシュートを狙ったが枠には飛ばず。

目まぐるしく攻守が入れ替わる展開。

43分 長澤のコントロールミスを見逃さず林が寄せてボールを奪いドリブル。長澤はたまらず手を使い林を倒しイエローカード。
鳥栖はフリーキックを得た。

キッカーは樋口。
樋口が入れたやわらかいボールをソッコが中に入れのりよしが競り相手がクリア。
飯野が押し返し再び競り合いから長澤が中途半端にクリアしたボールはのりよしの前に。

のりよし「(監督の指示通り)ボールが来たら、足を振る!」

豪快なボレーがゴールに突き刺さった。

45分 右サイドの前田のドリブルは大畑が対応。
46分 中盤でカットしたグランパスのショートカウンターは左サイドに。吉田のクロスはソッコが戻ってクリアした。

プレーエリアは
名古屋ゾーン24% 中央52% 鳥栖ゾーン23%

中盤での攻防は鳥栖が制した形だった。

シュート 鳥栖3/6(+4) 名古屋2(+1)
パス数 鳥栖199(77%) 名古屋320(84%)
決定機 鳥栖2 名古屋0
鳥栖メーター 70%

45分〜Another Brick in the Wall(part1)

仙頭イン。
名古屋 柿谷、米本イン。

米本が最終ラインに落ちてパスを回す形。
46分 さっそく柿谷が躍動する。

マテウス、稲垣と連携し細かい崩しでゴールに迫る。

嫌なポジションに顔をだし間受けからのワンタッチで繋ぐ柿谷投入で名古屋の崩しのリズムが上がってくる。

グランパスはビルドアップの形を3-1-3-3のような形に変更。
米本が最終ラインにはいり、両SBが高い位置を取り始める。
これにより鳥栖の2列目が押し下げられてしまい、
出口封鎖は解除されグランパスのボール運びはスムーズになった。

51分 パギのロングキック。長すぎてゴールラインを割りそうになり中谷はボールを見る形に。
するとのりよしが気合いのダッシュで追いつき林にパス。
林はキープしつつシュートまで持っていくもこれは枠外だった。

52分 柿谷、マテウスの細かい繋ぎで左を崩し右への展開から前田のシュート。やや強引すぎたか。

53分 マッシモにしては珍しく早めにカードを切ってきた。
相馬、森下イン。

さっそく自陣で鳥栖のプレスをドリブルで剥がし前進する森下のドリブル。
去年はまだ拙くてミスも多かった鳥栖のビルドアップを支えてきた形だ。
編集長のテンションは何度上がった事か。
懐かしい。

ここからはしばらく名古屋のターン。

押し込まれる形が続いたが、4-4-2のブロックでウイングハーフ小屋松、仙頭が相手のサイドバック。
飯野、大畑が相馬、マテウスをマンマーク気味に見る形。

さらにエドゥとソッコで中を固めた4-4-2。
打たれた惜しいシュートは最後のコーナーからの米本のヘディングのみ。
押し込まれながらも最後の一線は譲らないサガン鳥栖。

特に飯野。その機動力でグランパス左サイドを制圧していた。

シュート 鳥栖7(+1) 名古屋4(+2)
決定機 鳥栖2 名古屋0
鳥栖メーター 50%
ウィントスメーター

69分〜Another Brick in the Wall(part2)

飲水タイム。

リードされた名古屋グランパスもロングボール大作戦開始。

70分 森下のロングで裏に抜けたマテウス。シュートはエドゥがブロック。
71分 クリアのこぼれ球を中央で米本→柿谷→マテウス→米本→森下→マテウス。マテウスの強引な突破も最後は大畑が止めた。
72分 パギのフィードを収めた林。小屋松オーバラップしてきた大畑と繋ぎグラウンダーのクロス。林が飛び込むも丸山がクリア。
林は足裏で突っ込みイエロー。

73分 W中野イン。この辺りから撤退時の5-3-2が増えてくる。
75分 スローインからの展開で右サイドの小競り合い。浮いたボールを松岡→中央の中野嘉→ドフリーののりよし!

のりよし「(監督の指示通り)ボールが来たら、足を振る!」

ダイレクトで豪快に外した。

グランパスの守備にしては珍しいくらいにフリーかつ、前が空いてたのでここはトラップしてからでも良かったかも...。

ロングボールの蹴り合い。トランジションの多い展開に。

78分 山下イン。
81分 鳥栖のカウンター。仙頭は前に行けるシーンであえての横パス。ゲームを落ち着かせる。

84分 マテウスに替えて木本イン。
パギのゴールキックを丸山がクリア。木本がヘディングでそらし山崎。サイドの森下に展開しドリブル。
一気に駆け上がるスタミナ充分の木本。
アーリー気味に上げたクロスはエドゥがクリアするも稲垣の前に。

速い展開と木本の上がりで釣られてほぼ横一線に並んでしまったサガン鳥栖。
稲垣をこの位置でフリーにしてしまったらゴールは決まったも同然であった。

85分 田代イン。
それは明確な守備固め、逃げ切りの合図だった。

最強の盾対決はサガン鳥栖が制した。
守備は常に一定のレベルをキープしているので、

サガン鳥栖は決めれれば勝つ

という至極当たり前の事を思ってしまう。

シュート 鳥栖3/9(+2) 名古屋5/8(+4)
パス数 鳥栖351(70%) 名古屋704(80%)
決定機 鳥栖2 名古屋1(+1)
鳥栖メーター 50%
ウィントスメーター

今日のMVP

1ゴール、1アシストと結果を残して、起点になり続けたのりよしに。
外し方もまた豪快であった。

マサムネ
もうルヴァンの福岡戦は終わっちゃったから明日はFC東京戦だよ! かえるも連れてってくれるんだよね?
編集長
コロナの影響でビジター席がないからねえ… 残念だけどDAZN観戦かな 無理矢理休み入れたんだけどね泣
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

サガンティスタ編集長

わかりやすく面白くをテーマに戦術ブログを書いています。「サガンティスタ」の編集長です(-⊡ω⊡)東北生まれ、東北育ちのサガンティーノ。サガン鳥栖の試合は2015年から、東京近郊の試合に参戦、時々ベアスタ。駅スタは未参戦。関東鳥栖サポの盛り上がりも楽しみです。サガンティスタでは寄稿者を募集中。他サポの方もお気軽にどうぞ (・ω・)bグッ

-編集長のレビュー


サガン鳥栖への想いをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

評価(必須)

誰でも読書能力が2倍以上に!速読オンラインスクール

日米で1000万人が体験し効果を実証している速読トレーニングを身に付けてみませんか?

 ・もっと知識量を身に付けてビジネスに役立てたい...
 ・資格試験や勉強に使いたい...
 ・読書量を増やして人生を豊かにしたい...
 ・子供の能力を開花させてあげたい...
 ・知識量を増やして自信をつけたい
 ・頭が良くなりたい...

このような希望は速読の学校で叶えることができます。

日本で40年以上の研究実績、アメリカでは8000校以上の幼稚園から大学に導入
されている速読トレーニングです。

開発者は任天堂DSの速読で有名な川村明宏博士です。国内では100冊以上の書籍出版や、
多数の特許取得によって広くその技術を伝え続けています。

サガン鳥栖のためにスマホ代を節約するなら楽天モバイルがおすすめ

楽天モバイルの通信エリアは2021年も拡大中。
サガンティスタ編集部の楽天モバイル利用率は現在100%(東京都在住)です。
今のところ、電波で困ったことはありません。
楽天モバイルの人気スマホ一覧(Android)

寄贈品におすすめ!有田焼の器に入った辛子明太子

ここ一番!のシーンでのきっちりした贈答品を探しているなら、有田焼の窯元さんが作った明太子専用の有田焼の器に入った辛子明太子はいかがですか?
実際に贈答品として贈りましたが、とても喜ばれました!
リーズナブルなのに高級感ある贈答品をお探しの方におすすめしたい一品です。
商品ページはこちら

© 2021 サガンティスタ|サガン鳥栖サポータによるファンサイト!レビュー・掲示板・ニュース・SNSのまとめ