サッカーコラム みんなのJリーグ

Jリーグでプレーしていた外国人選手の思い出

2018年11月10日




ジーコ (鹿島アントラーズ 1991-1994)

 ジーコが日本に来ると知った時には大変驚きましたが、何よりも驚いたのが所属 するチームが日本サッカーリーグ2部の住友金属工業蹴球団だという事です。今 考えてもすごい事ですね。

ラモン・ディアス (横浜マリノス 1993-1995)

  Jリーグ初代得点王、アルゼンチンを代表する選手ですね。
力強いシュートが 印象的でしたが、私はディアスのループシュートが大好きです。

カレカ (柏レイソル 1993-1996)

  カレカが入団した当時、J2はなくJFLでのプレーでしたが同じ時期に柏レイソ  ルには元ブラジル代表ミューレルも在籍しており日本で元ブラジル代表の2ト  ップが見られるかもしれないとすごく楽しみにしていました。
  残念ながらほとんど2人同時にプレーした事はなかったと記憶しています。

以上、この3人が私にとって、もっとも記憶に残る外国人選手です。
時期的にJリーグ開幕当初に偏っていますが、やはりサッカーが好きな私にとって、Jリーグ開幕は特別な事だからなのだと思います。
この3人を選んだ基準ですが、活躍やチームへの貢献度ではなく、あくまでも私の印象だという事をご理解ください。"







  • この記事を書いた人
サガンティスタ編集部

サガンティスタ編集部

サガン鳥栖の情報サイト「サガンティスタ」編集部です。 「サガンティスタ」ではみなさんの寄稿も受け付けてます。 サガン鳥栖はもちろんですが、他サポさんの寄稿も歓迎です。

- サッカーコラム, みんなのJリーグ
-

Copyright© サガンティスタ , 2019 All Rights Reserved.